プロマネ修行日記

プロジェクトマネージャーになるために勉強してます。

プロジェクト・マネジャーの役割とは

前回のまともな記事から3ヶ月ほど間が空いてしまいましたが、ようやく元に戻りたいと思います。今さらではありますが、これまでの記事を書くために参考にしてきた本は「よくわかる最新PMBOK第5版の基本」という秀和システムさんが出版されてる本です。このブログ、デザイン等々なーんにもいじってないのでリンクはまたきれいにしてから貼りたいと思います。PMOをやってきて、なんとなくは基本的な用語を知っていた私でもこの本でPMBOKのことを理解することができています。今回の記事での引用はこちらの本からとなります。


さて、本題に戻りまして、プロジェクト・マネジャーの役割について今回は学びたいと思います。プロジェクト・マネジャーと一言で言ってもやることは本当にたくさんありますよね。マネジャーというように、プロジェクトの管理責任者になるのが、プロジェクト・マネジャー。本にはたくさん職務やら役割、必要な能力や人間性が語られていますが、


「これ全部満たしたら完璧超人だね☆」


と言いたいくらいすごい人です。でも実際プロジェクト・マネジャーの中にはそんな人もいますね。苦手分野はあるものの、プロジェクト・マネジャーとして尊敬できる人が何人かいます。


さてさて、そんなプロジェクト・マネジャーですが、プロジェクトリーダーとの違いを本の中ではこのように表しています。


マネジャーは管理手法や技術に関する専門知識と見識を持ち、プロジェクトを円滑に進め成功させるものです。一方、リーダーはプロジェクトの対象領域に関する専門的な知識を持ち、プロジェクトの成果に対する方向付けや意思決定を行います。



ふむふむ。私の周りでよくあるのが、プロジェクトリーダーからプロジェクトマネジャーになるパターン。ただ、この定義を見ると明らかに求められている能力が違うので、プロジェクトマネジャーになるにはそれなりの勉強や研修が必要な気がします。今私がやっているPMOなんかはプロジェクトマネジャーになるにあたり経験しておくといいのでは、と思えるようなものです。


では例のごとく身近なものに例えてみます。今回、家族で初めて海外旅行に行くプロジェクトを考えてみます。


【登場人物】

  • 夫…海外旅行未経験
  • 妻…海外旅行経験あり
  • 子ども2人…海外旅行未経験

この構成で誰をプロジェクトマネジャーにするのか、という問題はあるものの、今回のは夫をプロジェクトマネジャーにしましょう。この場合、夫は「え?俺海外行ったことないから全部やってよ!」と妻に押し付けないためにもマネジャーをやってもらいましょう。だって今回のプロジェクトの専門的な知識を持ってるであろう妻は別のことをするのですから。

旅行プロジェクトでも考えなければいけないことは山ほどありますよね。スケジュール、予算、リスク対策などなど…普通のプロジェクトと同じようなことは考えなくてはなりません。今回妻が海外旅行経験者なので、プロジェクトリーダーとしましたが、そうはいっても旅行会社社員や世界一周したことあります!という人以外はそこまで詳しくはないと思います。なので、そういった場合はおそらく旅行代理店で詳しい話を聞くのではないかと思います。これがいわゆる外注ですね。プロジェクトリーダーは専門的な知識を持っていますので、旅行代理店のおすすめやプランをもとに判断し、旅行の(すべてではないが、得意分野の)意思決定を行います。夫は妻がリーダーとしての役割を果たせるよう、妻が旅行について調べたりしているときは子どもの面倒を見る、予算管理者でもあるので出てきたプランの予算がオーバーすれば調達するか、妻に旅行のプランの見直しをお願いする、といった役割を果たします。

例えるとこんな感じですかね?もちろん、リーダーの専門外のことは情報を集め、マネジャーと一緒に意思決定することもあると思います。役割を分担してもプロジェクトによってはその役割から逸脱したりすることもありますよね。その辺うまくやっていく方法がないかなと自分でも考えていきたいと思います。

またもや反省

前回の記事で反省したにも関わらずまーた更新しなかっただめだめpoupeです。こんにちは。

もう1つのブログは毎週更新してるのにね?PMOとして日々メンバーの進捗を確認してるのに、自分の進捗やToDoはいいんですか?って言うね…本当にだめだめだと思います。書きかけのPMBOKの記事もあるんですが、ちゃんと公開できなければなーんの意味もないですね、はい。

言い訳はいくらでも可能なわけですが、まあもう1つのブログにも書いている通り、最近とっっっっっても忙しいです。先々週は休日出勤したぐらい…プロジェクトが立ち上げ時期で人も足りず、てんやわんやでございます…言い訳ですね、はい。

そして2016/04/17は何の日だったか?というと、そうですね。情報処理技術者試験の日でしたね。このブログで勉強する宣言をしていたにも関わらず、最近は忙しさにかまけてちーっとも勉強しておらず、ダメ元で試験を受けてみようかと思ったものの、どうせ落ちるから交通費と写真代もったいないなーとケチって受験しませんでした…なんてだめだめなんでしょう!

前の会社は情報処理技術者試験受験は必須だったのですが、今の会社は必須ではなく、これも受けなかった原因だろうと思います。やはり人は誰かに見られていたり、強制力が働かないとやる気が出ない生き物ですね。これはプロジェクトマネジメントでも非常に重要なことだと思います、はい。

自分で自分を律するのが難しいのでブログを書いているものの、もう1つのブログよりさらにアクセスがないので、モチベーションも上がりにくいのだなーと思います。誰かに読んでもらうことを意識して書けるといいなと思います。そしてまた理想論だけ書いて実現しない可能性があるのがだめだめだ…

最近は自分のだめさ加減しか書いてないので、次回は10の知識エリアについてまとめて書きたいと思います。今度こそは1週間に一度の更新を目指して!twitterやってますが、そこでもちゃんと呟いて自分にはっぱかけるようにしたいと思います。プロジェクトマネージャ試験は来年までないので、来年受けるまでの計画を改めて立てつつ、しっかり勉強していきたいと思います。

反省

1週間に1度は更新します!なんて言っていたにも関わらず、2ヶ月以上放置しました。*1別に誰も見ていないのだから気にする必要はないのかもしれませんが、自分で立てた目標を達成できないのってどーなのよ。PMOとして毎日他の人のタスク管理してるのに、自分のタスクは遅れていいのか?なんて自問自答してしていました。もちろん、ストレスになるようであれば目標の立て方がだめなんですが、これに至ってはやるべきことに近いので自分としてはだめだったなーと反省しております。これ以外にやってるブログは毎日更新してたのに…

ということで、心を入れ替えて頑張って更新したいと思います!ちなみにIPAのプロジェクトマネージャ試験にはちゃんと申し込みました!今試験向けの勉強を始めていますが、いかんせん、午前Iがすでにやばそうです…どれだけ午前IIとか午後を頑張っても午前Iが受からなければどうにもなりませんよね…応用情報試験に受かってからの午前I免除期間はとっくに過ぎてしまっているので…最近はプロジェクト管理メインの仕事なので開発にも携わらず、どんどん開発の知識がなくなっている状況…元々苦手分野がたくさんあるのにさらに忘れてかなり危険な状態です。プロジェクトマネージャ試験の前に情報セキュリティスペシャリストとか年に2回ある試験に受かることから始めた方が、慣れていいのかもしれないと思います。もちろん、今回は合格を目指して一生懸命頑張りますが、合格しなかった時の計画も立てないとだめですよね!はっきり言ってプロジェクトマネージャ試験に合格すること自体が1つのプロジェクトなので、ちょっとPMBOKに従ってまずは立ち上げからやってみようかなーなんて思います。プロジェクトを身近なものに当てはめるをテーマにブログを書いているので、まずは自分が今しようとしていることをやりながらやってみたいと思います!

ただ今気づきましたが、もう試験まで1ヶ月ちょっとしかないけど、今立ち上げて大丈夫なの?プロジェクトの目標自体がすでに現実味がないんじゃないの…?なんて気がしてきました。ちょっと見直す必要がありますね…

とにかく!来週からは1週間に1記事は絶対に守ることと、早急にプロジェクトマネージャ試験合格計画を立てることをやりたいと思います!

マネジメント・プロセスとは

今回はマネジメント・プロセスについて書きたいと思います。理解するまでに少し時間がかかったのですが、例のごとく身近な生活環境に当てはめてまとめたいと思います。

マネジメント・プロセスを説明する前に、世の中の製品にはプロダクト・ライフサイクルというものがあります。これは商品を企画→開発→販売→市場からの撤退・撤収といったサイクルを取ります。そのプロダクト・ライフサイクルの中にもプロジェクト・ライフサイクルが存在します。プロジェクト・ライフサイクルとはIT業界で説明すると要件定義→基本設計→詳細設計→プログラミング→単体テスト結合テストシステムテスト→ユーザー受入テストといったサイクルを指します。そのプロジェクトを1つの製品に対して繰り返していくことをプロジェクト・ライフサイクルと呼びます。

プロジェクト・ライフサイクルの中にはIT業界での説明した通り、要件定義や基本設計などのフェーズが存在します。そのフェーズに対して立ち上げ→計画→実行→終結のプロセスとフェーズを通じて監視・コントロールを行うことをマネジメント・プロセスと呼びます。

簡単に言うとマトリョーシカ人形みたいな感じですかね。(簡単に言えてない気がします…)大きなマトリョーシカ人形(つまりプロダクト・ライフサイクル)の中に次の人形(プロジェクト・ライフサイクル)そして次の人形(フェーズ)、最後に最も小さな人形(マネジメント・プロセス)があるような感じです。(イメージ伝わりますかね…?)

恒例の身近な日常生活に当てはめてみると以下の様な感じになるかなと思います。(あくまで私が理解したイメージなので参考にならないかもしれませんが…)

  • プロダクト・ライフサイクル→人生

  • プロジェクト・ライフサイクル→人生のうちのある期間(小学生等の学生期間やその期間のうちの1年)

  • フェーズ→人生のある期間における区切り(季節や月)

  • マネジメント・プロセス→期間の区切りの中で行われる行事や出来事(運動会、旅行等)

人生なんて大きな形で例を挙げてみましたが、イメージはこんな感じかと思います。以前の記事(プロジェクトの定義 - プロマネ修行日記)でプロジェクトの例として旅行を挙げていたところとは今回イメージが合わなかったかもしれません。次元が大きい話だったので難しかったなという印象です。ただ、私達の1日の生活も突き詰めればこういう1つ1つの小さなプロセスの積み重ねだったりしますので、人生に当てはめるのもあながち間違いではなかったりするかもしれません。

プロジェクトマネジメントとは

今回はプロジェクトマネジメントとは何かについて書きます。PMBOKによると、プロジェクトマネジメントとは以下のように定義されています。

プロジェクトの要求事項を満たすため、知識、スキル、ツールおよび技法をプロジェクト活動へ適用すること。

例えばプロジェクトマネジメントに関する知識やこれまでの経験、様々なツールをプロジェクトに適用することが挙げられます。また、ステークホルダーのニーズや期待に応えるようにマネジメントを行ったり、要求事項のバランスを取りながらマネジメントを行うことも挙げられます。

このような書き方をすると非常に難しく感じます。例のごとく日常生活の一部に当てはめてみます。今回は「国内旅行」というプロジェクトに当てはめて考えてみます。

プロジェクトの要求事項とは?

ではまず国内旅行プロジェクトの要求事項を以下のように仮定してみます。

  • 夫婦2人、子ども2歳1人
  • 1泊2日の日程
  • 子ども連れの国内旅行は初めてなので子ども連れでも大丈夫なホテルがいい
  • 子どもが喜ぶ施設がある場所
  • 移動時間は東京から車で片道2時間以内
  • 旅行代金は全日程で税込3万円以内

知識、ツール技法とは?

知識はこれまでの国内旅行の知識や地理の知識から片道2時間以内で行けそうな場所はなんとなく想定ができそうです。ツールとしては今はネットがなんといっても1番だと思います。片道2時間以内の子どもが喜びそうな地域を簡単に探すことができます。技法としてはネットの調べ方や旅行会社への問い合わせ方法が当てはまるでしょうか。

ステークホルダーのニーズと要求事項のバランス

ステークホルダーとは今回の場合夫婦と子どもがメインになります。例えば旅行代金を子どもの祖父母に出してもらう場合は祖父母も重要なステークホルダーになります。子どもに行く先に「動物園あるけど行きたい?」と聞いて「水族館に行きたい!」と答えられ、2時間以内に要求事項に当てはまる場所がなければステークホルダー(この場合は2歳の子ども笑)と調整するか、要求事項の調整を行わなければいけません。家族間であればステークホルダーや要求事項に融通をきかせることは簡単にできると思いますが、会社のプロジェクトではそんなに簡単にはいきません。プロジェクト担当者、ツール、要求事項、ステークホルダー等様々なものに制約があります。その中でもステークホルダーと要求事項のバランスのマネジメントは非常に難しいものになります。経営に深く関わりのあるプロジェクトの場合それは顕著になると思います。

今回簡単にプロジェクトマネジメントについて書きましたが、こんなに簡単に書けることではないと思っていますし、私の中でもまだしっくりきていない部分があるので、今後も引き続き学習していきたいと思います。

プロジェクトの定義

今回はプロジェクトの定義について学んだことをまとめたいと思います。PMBOKガイドによるとプロジェクトは以下のように定義されています。

プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、所産を創造するための有期性のある業務である。

読んだ時??となりましたが、私が読んでいる本によると、製品やサービス提供力、プロジェクトの結果として得られた成果等を創りあげるための定常業務ではなく、かつ始まりと終わりがある業務であることを意味します。独自ということもあり、全く同じプロジェクトは世界に存在しないことになります。

今回は日常生活に当てはめることが簡単だったので例を挙げてみます。例えば以下のようなものです。

  • 結婚式
    ・独自性…プランは同じでも1つとして同じ結婚式はありません。
    ・有期性…結婚式の準備を含めても開始と終了が存在します。
    ・創造物…感動、結婚証明書的なもの、写真等ものとしても存在しますが、感動といったその場で生まれるものもあります。

  • 夏休みの宿題
    ・独自性…夏休みの宿題はその学年の時に1度しか発生しない宿題です。
    ・有期性…基本的に夏休みの始まりから終わりまでに完了させるものです。(完了しない人もいるかもしれませんけどね…)
    ・創造物…工作物、ドリル等宿題の成果物。

  • 旅行
    ・独自性…これも結婚式同様、計画やパッケージ等は同じでも1つとして同じ旅行は存在しません。
    ・有期性…旅行には開始と終了が存在します。
    ・創造物…思い出、写真、旅行で買ったお土産など。

こうして挙げてみると人生はプロジェクトの連続だということがわかります。実際学校生活も小学校、中学校の単位では独自性、有期性、創造物があるのでプロジェクトと呼べると思います。今も私たちはプロジェクトを実行中だということになりますが、大人の方が開始と終了が曖昧なことが多いので、小さい頃の方がプロジェクトは多い気がします。子どもがいると、子どものプロジェクトに引きづられてまたプロジェクトは増えそうです。大人の仕事という一大プロジェクトは一応開始と終了はあるものの、人によって全く違うので1つの会社にずっといる巨大プロジェクトになる人もいれば、転職を繰り返して小さなプロジェクトをたくさんする、という人もいるような気がします。

会社でも私はプロジェクトを担当しているので、小さなプロジェクトを繰り返しながら会社人生を歩んでいるような感じです。このように、日常生活でプロジェクトと呼べるようなものがたくさんあるので、今後のブログでは日常生活に当てはめながら考えたいと思います。そのほうが自分でも深く理解できそうな気がします。

PMBOKとは

プロジェクトマネージャ試験のテキストを読み始めましたが、いかんせん基本事項がわからない!ということで今回はブログの記事を書くことも目的としているため、プロジェクトマネージャ試験以外の本も読んでこの際基礎から勉強することにしました。
テキストや読んだ本については勉強終了後、感想とともにこのブログに書きたいと思います。

今回は超初歩的にPMBOKとは何か、からまとめていきたいと思います。

PMBOKとは、1987年にアメリカのプロジェクトマネジメント協会(PMI)から発刊されたプロジェクトマネジメントに関して標準化を目指して作られたプロジェクトマネジメントに関するガイドになります。あくまでガイドであり、ルールではありません。プロジェクトを成功させるための法則をまとめたいわば「成功の書」といったところでしょうか。

現在PMBOKは第5版まで改定され、知識エリア*1が9つから10に増えました。私が目標としているPMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)の資格試験はPMBOKから主に出題されるため、避けては通れない道です。調べたところによると、プロジェクトマネージャ試験でもPMBOKからの出題はあるみたいですね。世界標準であることを考えると当たり前かと思いますが。ということなので、プロジェクトマネージャ試験を受ける人はPMBOKを勉強しておいて損はないかなと(勝手にですが)思っています。まだ受けたことがないのでなんとも言えませんが、ただ単に資格がほしいだけの人ではない&時間があればPMBOKの勉強を1からしておくのがいいかなと思います。

前回の記事にも書きましたがPMBOKを全く知らない人に説明するには、家庭に例えて説明するなら何がいいか?と考えていましたが、うまく思いつかないですね…家庭にある世界標準で説明しやすいものはなんだろうと考えましたが私のわずかな知識からはひねり出せませんでした…技術的なものならあるのでしょうが、そういったことにも疎い人に説明する…難しい。ちょっと時間をかけて考えてみようかな、と思います。家事の世界標準もないし、なんとも難しいですね…逆に誰かこうすれば効率的に家事できるよ的なことまとめてくれたら私が欲しいななんて考えてしまいました。(特にワーキングマザーなので、時短家事の世界標準!なんて本があれば売れそう…)

蛇足のほうが多かったですが、簡単に本から学んだことを今回はまとめてみました。(少な過ぎな気もしますけどね…本には他にも書いてありましたが、細かい部分は次回以降の記事で書きたいと思います。)

※関係ないですが、この記事を1度も保存せず800文字近く書いていたのにPCが勝手に再起動して絶望にくれていましたが、はてなブログが自動的にバックアップを取ってくれていたようで700文字くらいは無事でした!はてなブログすばらしい!!ありがとうございます!!

*1:別途記事にする予定です。